歴史と開発者|子育て・しつけ・親子関係でお悩みは、子どもにやる気を持たせる「STEP勇気づけセミナー」

STEP
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
お問合わせ・申し込みフォーム
STEP
STEPセミナーご案内はこちら
公式スタッフブログ
facebook
Twitter

STEP開発者の紹介

ドン・ディンクメイヤー博士(開発責任者)

子供の心理、親子関係など家族カウンセリングに関する専門家。フロイト、ユングと並んで深層心理学を三分するアドラー学派の心理学者としての著名で、西ドイツ、スイス、イスラエル、オーストラリアなど国際的に活躍している。フロリダに本部を持つCommunication and Motivation Training Institute,Inc.(CMTI)の所長を務める。1981年11月、STEP普及のため来日。日本語訳の著書に「土曜日の子どもたち」(発心社)「”やる気”のある子に育てる法」(PHP研究所)がある。

写真

ゲーリー・D・マッケイ博士(開発責任者)

小学校教員のあとアリゾナ大学でカウンセリング・ガイダンス部の講師を務める。現在はアリゾナ州ツーソンで教育コンサルタント、
親子問題カウンセラーとして活躍するかたわら、人間関係、グループ・リーダーシップの研修コースを各地で開いている。特に親に対するグループ・カウンセリングの経験は豊富である。CMTIの西部代表としてディンクメイヤー博士を助け、「”やる気”のある子に育てる法」は同博士との共著である。

写真

柳平 彬(日本おける開発責任者)

1962年慶応義塾大学経済学部卒。丸紅株式会社に入社、その後渡米してハバホード大学で東洋哲学、ダートマス大学大学院でマーケティング、経営心理学を学び、1967年同大学院を卒業、MBAを取得。10数年来、生涯教育の問題に取り組み、AIA&TOS川崎生涯研修センターを設け、意欲開発のAIA(Adventures in Attitudes)とセールス能力向上のTOS(Training of Salesmanship)普及に努める一方、新しい親子関係のあり方を探るSTEPを導入開発した。現在グループダイナミックス研究所および発心社代表取締役。主な著訳書「心の冒険」(産業能率大学出版部)「やる気の健康学」(日本経済新聞社)「”やる気”のある子に育てる法」「説得力」(以上PHP研究所)「人間の魅力」(創元社)「テキストブック・オブ・セールスマンシップ」(発心社)「指導力」(プレジデント社)などがある。

写真



STEPの歴史

1969年 出版社「発心社」創立
1975年 グループダイナミックス研究所を創立
1981年 STEP開発責任者ディンクメイヤー氏を招き、第1回STEPリーダー候補養成セミナー開催
1982年 STEP 親のためのハンドブックを「発心社」より出版
1982年 川崎生涯研修センターにてリーダー候補養成セミナー開催
1982年 東京都港区三田の東京会場開設
1983年 梅田生涯学習センターを開設
1985年 中学生のためのTransition(変身への冒険 )コースを川崎生涯研修センターにて第1回開催
1987年 STEP/Teen勇気づけセミナーコースを開設
1987年 国際行動発達心理学会「STEP受講2年後の母親の反応」昭和女子大学田中マユミ氏が発表
1988年 日本保育学会「STEPの効果測定」 昭和大学教授 田中マユミ氏が発表
1991年 南蓼科チェルトの森にてTransition(変身への冒険 )コースを第1回開催
1995年 日本保育学会「保育のイノベーション」別府大学助教授 松崎学氏が発表
2008年 人間関係と学力を両立させて教育実践 〜学校教育へのSTEP導入の試み〜山形大学教職研究総合セ

     ンター教授 松崎学氏が発表





◆ お問い合わせは
STEP勇気づけセンター
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越4-314-1
TEL 044-541-2505
FAX 044-541-3336
>> メールでのお問い合わせはこちらから >>

このページの先頭に戻る